万能製図機械MUTOH『ドラフターMH-I』(読み)ばんのうせいずきかい

事典 日本の地域遺産の解説

万能製図機械MUTOH『ドラフターMH-I』

(東京都世田谷区池尻3-1-3 MUTOHショールーム)
機械遺産」指定の地域遺産〔第21号〕。
日本初の設計製図機械「ドラフター MH-1」は、MUTOHホールディングス株式会社の前身である株式会社武藤目盛彫刻の創業者・武藤与四郎により1953(昭和28)年に開発された。独自考案の「ベルト・プーリ式」により、平行度を高精度に保つ事が可能となり、製図作業がより迅速に、正確な作業となった

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android