万葉緯(読み)マンヨウイ

大辞林 第三版の解説

まんようい【万葉緯】

古代の文字に関する編注書。二〇巻。今井似閑じかん著。1700年(一説に1717年)成立か。万葉集の解釈に役立つ古文・古歌謡などに考証注釈を加えたもの。古歌謡や風土記逸文を収め、資料として貴重。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

まんようい マンエフヰ【万葉緯】

古代の、主として文学関係の資料の編注書。二〇巻。今井似閑(じかん)編。享保二年(一七一七)頃までに成立か。「万葉集」注釈の助けとなる古文古歌類を集め、考証解説を加えたもの。古歌謡を多く集録しているので一面古謡集考証の書となっている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android