万象亭(読み)まんぞうてい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

万象亭
まんぞうてい
(1756―1810)

江戸後期の戯作者(げさくしゃ)、狂歌師。蘭学(らんがく)者森島中良の戯号。森羅万象(しんらまんぞう)、竹杖為軽(たけづえすがる)とも称した。通称甫粲(ほさん)、甫斎。家は代々江戸幕府の奥医師を務めた桂川(かつらがわ)家で、4代目甫周の実弟にあたる。戯作では平賀源内に師事した。蘭学者としても有名で、蘭語辞書『類従紅毛語訳(るいじゅうこうもうごやく)』(蛮語箋(ばんごせん))(1798)を編集し、『紅毛雑話』(1787)、『万国新話』(1789)などを著し、海外の事物を紹介した。1792年(寛政4)、松平定信に仕えるが、数年後に致仕、兄の仕事を助けた。戯作では洒落本(しゃれぼん)『田舎芝居(いなかしばい)』(1787)、黄表紙『夫従以来記(それからいらいき)』(1784)が有名。ほかに『桂林漫録(けいりんまんろく)』『反古籠(ほうぐかご)』などの随筆も多い。文化7年12月4日没。墓所は芝の上行寺(現在神奈川県伊勢原(いせはら)市上粕屋(かすや)に移転)。[中野三敏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の万象亭の言及

【森羅万象】より

…通称は甫粲(ほさん)。別号は万象亭,天竺老人,2世風来山人。狂号は竹杖為軽(たけつえのすがる)。…

※「万象亭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android