コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森羅万象 しんら ばんしょう

デジタル大辞泉の解説

しんら‐ばんしょう〔‐バンシヤウ〕【森羅万象】

宇宙に存在する一切のもの。あらゆる事物・現象。しんらまんぞう。
[補説]人名別項。→森羅万象

しんら‐ばんしょう【森羅万象】[人名]

[1754~1809]江戸後期の狂歌師・戯作者・医師。江戸の人。本名、森島中良、のち桂川甫斎。通称、甫粲(ほさん)。狂号、竹杖為軽(たけづえのすがる)。平賀源内の門人で、2世風来山人と称した。洒落本「田舎芝居」など。しんらまんぞう。

しんら‐まんぞう〔‐マンザウ〕【森羅万象】

しんらばんしょう(森羅万象)」に同じ。
「御主(あるじ)デウス―ヲツクリタマウ」〈日葡

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

森羅万象【しんらまんぞう】

江戸後期の戯作(げさく)者,蘭学者桂川甫周の弟で,本名森島(のち中原)中良。通称は甫粲。別号万象亭,二世風来山人,天竺老人平賀源内門下で,洒落本《田舎芝居》(1787年)等を著す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんらまんぞう【森羅万象】

1756‐1810(宝暦6‐文化7)
江戸後期の蘭学者,戯作者,狂歌師。本名森島(のちに中原)中良。通称は甫粲(ほさん)。別号は万象亭,天竺老人,2世風来山人。狂号は竹杖為軽(たけつえのすがる)。江戸の人。幕府医官桂川甫周の弟。平賀源内門下の蘭学者として《紅毛雑話》(1787),《万国新話》(1789),《類聚紅毛語訳》(1798)など多くの著述があるが,戯作者としては,黄表紙に知識人としての軽妙洒脱な作品が多く,《従夫(それから)以来記》《万象亭戯作濫觴(まんぞうていげさくのはじまり)》(以上1784),《竹斎老宝山吹色》(1794)などがあり,また洒落本では初作《真女意題(しんめいだい)》(1781)で,本能のまま行動する田舎侍の野暮さかげんを描いて笑わせ,《福神粋語録(すごろく)》(1786)では七福神の吉原遊びの滑稽を描いたが,《田舎芝居》(1787)は当時の洒落本の行き過ぎた写実の弊をついて,笑いの回復を主張し,のちの滑稽本への礎石をなした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しんらばんしょう【森羅万象】

宇宙に存在する、すべてのもの。しんらばんぞう。しんらまんぞう。 「 -を網羅する」
人名(別項参照)。

しんらばんしょう【森羅万象】

1754~1808) 江戸後期の狂歌師・戯作者。本名森島中良、のち桂川甫斎。字あざなは甫粲ほさん。通称、万蔵。別号万象まんぞう亭・二世風来山人など。狂号竹杖為軽たけづえのすがる。四代桂川甫周ほしゆうの弟。蘭学を好み平賀源内に師事。読本・黄表紙・狂歌の作者として健筆をふるった。著「田舎芝居」「従夫以来記それからいらいき」など。しんらまんぞう。

しんらばんぞう【森羅万象】

しんらばんしょう(森羅万象) 」に同じ。 「 -一いつとしておのづから法度を有せざるはなし/小説神髄 逍遥

しんらまんぞう【森羅万象】

しんらばんしょう(森羅万象) 」に同じ。 「 -、山河大地せんがだいじ、弥陀にもれたる事なし/曽我 12

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

森羅万象
しんらまんぞう

[生]宝暦4(1754)
[没]文化5(1808).12.4.
江戸時代後期の戯作者。本名,森島甫粲,のち中良。桂川甫周の弟。平賀源内門の蘭学者。源内の号を継承。狂歌名,竹杖為軽 (たけつえのすがる) 。別号,天竺老人,万象亭,森子など。洒落本『田舎芝居』 (1787) ,読本『月下清談』 (98) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

森羅万象の関連キーワード無形文化遺産保護条約エルネスト ネトマスウーディー干し店・干店セフィロトSINRA万流亭世富上田 珪草ユニバース千差万別土川元夫小説神髄諸法実相法界縁起七珍万宝小川芋銭路上観察海印三昧八百万神無尽法界

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

森羅万象の関連情報