万里小路正秀(読み)までのこうじ なおひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

万里小路正秀 までのこうじ-なおひで

1858-1914 明治-大正時代の華族。
安政5年8月16日生まれ。万里小路正房(なおふさ)の8男。明治4年から10年間ロシア貴族のもとに留学。式部官,大膳頭などを歴任。15年分家し,17年男爵。大正3年6月10日死去。57歳。幼名は秀麿。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android