コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三つの道/三つの途/三つの径(読み)ミツノミチ

デジタル大辞泉の解説

みつ‐の‐みち【三つの道/三つの途/三つの径】

天・地・人の総称。三才(さんさい)。→天地人
「―顕分(わか)れてよりこのかた」〈允恭紀〉
三途(さんず)」を訓読みにした語。
「天に生まるる人のあやしき―に帰るらむ一時に思ひなずらへて」〈松風
三径(さんけい)」を訓読みにした語。
「寺に入りて見れば…、―さへわからざる中に」〈読・雨月・青頭巾〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

三つの道

米国の作家ロス・マクドナルドのハードボイルド(1955)。原題《The Three Roads》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

みつのみち【三つの道】

〔「三途さんず」の訓読みから〕 地獄道・餓鬼道・畜生道の三つ。 「天に生まるる人の、あやしき-に帰らむ一時に/源氏 松風
三径さんけい」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android