三途/三塗(読み)サンズ

大辞林 第三版の解説

さんず【三途】

〘仏〙 〔「途」は道・境界の意〕
死者が悪行のために生まれる三つの場所。すなわち火途(地獄道)・血途(畜生道)・刀途(餓鬼道)の総称。三悪道さんあくどう
「三途の川」の略。 「由なかりける海路の知るべ、思へば-の瀬踏みなり/謡曲・藤戸」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android