三一侍(読み)さんぴんざむらい

精選版 日本国語大辞典「三一侍」の解説

さんぴん‐ざむらい ‥ざむらひ【三一侍】

〘名〙 (一年の扶持が三両一分であったところから) 江戸時代身分の低い侍、若党を卑しんでいう語。さんぴん奴。さんぴん野郎。三両侍。さんぴん。
※歌舞伎・浮世柄比翼稲妻(鞘当)(1823)序幕「浮世又平、中間の形(なり)。本庄助八、さんぴん侍(ザムラ)ひにて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「三一侍」の解説

さんぴん‐ざむらい〔‐ざむらひ〕【三一侍】

《1年間の扶持が3両1分であったところから》江戸時代、身分の低い武士を卑しんでいう語。三一奴さんぴんやっこ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android