コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若党 わかとう

5件 の用語解説(若党の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

若党
わかとう

若い郎党,武士の従者の意。室町時代には「若党被官」の語がみられる。戦国時代には奉公人のなかに若党と呼ばれるものがあった。江戸時代には武家奉公人と呼ばれ,小者,中間 (ちゅうげん) ,草履取 (ぞうりとり) らとともに年季契約による雇用関係にあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わかとう【若党】

平安末期以降にみられる武家に奉公する侍で,本来は年輩,器量のしかるべき老党に対して,若者の寄合という意味からおこった称呼である。《貞丈雑記》には〈若党と云はわかき侍どもと云事也〉とあるが,若党という称呼は,室町時代まではまさしくこの意味で使われており,主君の側近くに仕えて雑務に携わるほか,外出などのときには身辺警固を任とする若侍たちをさす。〈一人たう千のはやりおのわかとう〉とか〈譜代旧恩ノ若党〉といった表現が示すように,若党は武士としての評価も高く,また主君とは強い情誼に結ばれている場合が多いので,合戦の際などにも,主君と命運をともにしている若党の事例は枚挙にいとまない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

わかとう【若党】

武家の身分の低い家臣。また、若い郎等。若い武士。
鎌倉時代以降、騎乗の資格のない武士の従僕。
江戸時代に、軽輩の郎等。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

若党
わかとう

武家奉公人の一つ。中世では年輩の侍(さむらい)である老党に対し、主人の身辺に仕えた若輩(じゃくはい)の侍をいった。近世では大身の武家に仕えた軽輩をいい、その身分は徒士(かち)と足軽(あしがる)との中間に置かれ、始終主人の身辺にあって雑務、警固(けいご)に任じた。彼らは百姓・町人出身の一季・半季の出替(でがわり)奉公人であり、給金は一か年3~4両を相場とした。[北原章男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の若党の言及

【地侍】より

…この政策は江戸幕府に受け継がれ,村には侍株・侍分など百姓と区別される家柄は残るが,中世的な侍の身分と主なしの地侍の存在は公の体制としては否定された。近世初期の村落にすむ主もちの侍は,〈侍・中間・小者・あらしこ〉などと一括して呼ばれたように,武士身分でも百姓身分でもなく,武士奉公人中の上位者(若党か)の呼称とされるにいたる。【藤木 久志】。…

【周旋屋】より

…近世初期以降,都市の発展にともなって出現したもので,とくに江戸に流入する多数の出稼ぎ奉公人に対し,その身元保証,雇入先の斡旋,そして,就職先がきまるまでの宿泊を行う必要があったことから必然的に発生したものと思われる。こうした周旋屋が扱ったのは,おもに武家の下級奉公人である中間(ちゆうげん)や若党(わかとう),一般町家の下男,下女など,1年あるいは半年契約の出替り(でがわり)奉公人であり,芸妓,娼妓などについては,関東で〈女衒(ぜげん)〉と呼んだ専門の周旋人が手がけることが多かった。また,土木工事などに必要な大量労働力の供給は,〈人入れ稼業〉と称して町奴(まちやつこ)が行った。…

【身分統制令】より

…従来この法令は,武士が百姓・町人に,百姓が町人になることを禁止したという意味で,武士・百姓・町人の身分の固定を意図したものと評価されている。しかしこれは,法令中の〈侍〉という言葉が実は若党を指しているにもかかわらず〈武士〉と解釈し,さらに法令全体が朝鮮出兵の期間の臨時立法であることを無視した点から起きた誤りである。【高木 昭作】。…

※「若党」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

若党の関連情報