コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三井文庫 みついぶんこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三井文庫
みついぶんこ

江戸時代の豪商三井家の資料を中心とした社会経済史の研究機関。東京都中野区上高田所在。 1985年5月に,三井家伝来の美術工芸品約 2000点と切手類5万点を収めた別館が開設された。国宝6点を所蔵。代表的なものに,円山応挙の最高傑作の1つ『雪松図』1双と藤原定家筆『熊野御幸記』がある。『雪松図』は紙本淡彩の六曲屏風で,画面には雪を表現する金泥金砂子が施されており,左隻には雪をかぶった力強い雄松が,右隻には柔らかい曲線で同じく雪をかぶった雌松とが,付立て技法により写実的に描かれている。『熊野御幸記』は建仁1 (1201) 年,後鳥羽上皇の熊野御幸に供奉した際の 10月5日より 27日までの定家直筆の日記で,『明月記』の別記ともいえる。「熊野懐紙」の成立など中世文学研究の貴重な資料となっている。他の4点は短刀無銘正宗 (名物日向正宗) ,同無銘貞宗 (名物徳善院貞宗) ,志野茶碗,銅製船氏王後墓誌。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

三井文庫の関連キーワード三野村利左衛門三井記念美術館那波九郎左衛門三井源右衛門三井八郎次郎中上川彦次郎三井 高堅アーウィン三野村利助早川千吉郎西邑乕四郎三井 礼子洛中洛外図山口 和雄中井 信彦三井高利三井財閥根岸鎮衛三井高平飯田義一