所蔵(読み)しょぞう

精選版 日本国語大辞典「所蔵」の解説

しょ‐ぞう ‥ザウ【所蔵】

自分のものとしておさめておくこと。内にしまっておくこと。また、そのもの。所有しているところのもの。
天馬異聞(1637‐38)「平戸君所の十二ポンド玉〈略〉の筒一挺」
明暗(1916)〈夏目漱石〉一一五「岡本の所蔵(ショザウ)にかかる丈(だけ)あるなと首肯(うな)づかせる様な趣が其所此所に見えた」 〔孔安国‐尚書序〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「所蔵」の解説

しょ‐ぞう〔‐ザウ〕【所蔵】

[名](スル)自分の所有物としてしまってあること。また、そのもの。「某美術館に所蔵する名品
所有用法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android