コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円山応挙 まるやま おうきょ

美術人名辞典の解説

円山応挙

江戸後期の画家。円山派の祖。丹波生。字は僊斎・仲選、号は一嘯・夏雲・仙嶺等、通称は主水。石田幽汀に狩野派の画法を学び、幽汀の写生的画法に、宋・元画の技法を取り入れると共に、西洋画の遠近法を研究して一家を成した。動植物の写生を最も能くする。寛政7年(1795)歿、63才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

まるやま‐おうきょ【円山応挙】

[1733~1795]江戸中期の画家。円山派の祖。丹波の人。通称、主水(もんど)。初め石田幽汀狩野派を学ぶ。のち眼鏡絵(めがねえ)の制作などを通して西洋画の透視図法を学ぶ一方で中国の写生画を研究、写実性と日本の伝統的な装飾画様式を融合した新様式を確立した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

円山応挙【まるやまおうきょ】

江戸中期の画家。円山派の始祖。丹波国の農家に生まれ,京都に出て初め狩野派の石田幽汀に学び,かたわら眼鏡絵を描いて西洋画法を習得,さらに渡辺始興の影響を受け,30歳代初め写実主義の新進画家として登場。
→関連項目飲中八仙香住[町]月僊呉春四条派長沢蘆雪

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円山応挙 まるやま-おうきょ

1733-1795 江戸時代中期-後期の画家。
享保(きょうほう)18年5月1日生まれ。円山派の創始者。生家は丹波桑田郡(京都府)の農家。狩野(かのう)派の石田幽汀(ゆうてい)にまなぶ。遠近法などをとりいれて独自の写生画を創出した。寛政7年7月17日死去。63歳。字(あざな)は仲均,仲選。通称は岩次郎,主水。号は一嘯,夏雲,仙嶺,僊斎。代表作に「雪松図」(国宝),「七難七福図巻」,大乗寺の障壁画。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まるやまおうきょ【円山応挙】

1733‐95(享保18‐寛政7)
江戸中期の画家。円山派の創始者。通称は岩次郎,左源太,主水,字は仲均,仲選。号は初期に一嘯,夏雲,仙嶺を用いたが,1766年(明和3)名を氐(てい)から応挙(まさたか)に改めて以後,没年までこれを落款に用いた。丹波国穴太(あのう)村(現,京都府亀岡市)の農家に生まれる。15歳のころ京都へ出て,鶴沢派の画家石田幽汀(1721‐86)に画技を学ぶ。生活のため眼鏡絵の制作に従事し,中国版眼鏡絵を模写,応用して京名所を描いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

まるやまおうきょ【円山応挙】

1733~1795) 江戸中期の画家。円山派の祖。丹波の生まれ。幼名、岩次郎。俗称、主水もんど。初め狩野派の石田幽汀に学ぶ。のち眼鏡絵の制作や明・清の写生画および西洋画の遠近法を研究し、伝統的な装飾画様式に遠近・写実を融和させた新様式を確立した。代表作「保津川図屛風」「雪松図屛風」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

円山応挙
まるやまおうきょ

[生]享保18(1733).5.1. 丹波
[没]寛政7(1795).7.17. 京都
江戸時代後期の画家,円山派の祖。幼名は岩二郎,通称は主水 (もんど) ,字は仲均のち仲選。号は雪亭 (汀) ,夏雲,仙嶺など種々用いたが,応挙と名を改めてからは落款は応挙で通した。初め京都の石田幽汀に狩野派の画法を学び,また眼鏡絵を描いて透視的遠近法や陰影法を修得。狩野派特有の鋭い筆致と破墨風の筆さばきをみせる墨画や,洋風画の影響を受けた作品を残している。明和3 (1766) 年応挙の名を用いはじめてからは,なめらかな描線による装飾的要素と,写生的要素を巧みに融合した独自の平明な応挙様式を創造した。特に山水,花鳥,人物など多彩な題材を巧妙に描き分け,襖絵,屏風など大作に傑作が多い。主要作品は園城寺円満院蔵の『岩頭飛雁図』 (67) ,『七難七福図巻』 (68) ,『雨竹風竹図屏風』 (76,円光寺) ,『昆虫写生帖』 (76,東京国立博物館) ,『雪松図屏風』 (85以後,国宝,三井文庫) ,『郭子儀図』襖絵 (87,大乗寺) ,『保津川図屏風』 (95,西村家) ,『孔雀図』襖絵 (95,大乗寺) ,『深山大沢図屏風』 (仁和寺) ,『四季遊戯図』 (徳川美術館) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

円山応挙
まるやまおうきょ
(1733―1795)

江戸中期の画家。丹波(たんば)国桑田郡穴太(あのお)村(京都府亀岡(かめおか)市)の農家に、円山藤左衛門の次男として生まれる。幼名を岩次郎、のち名をてい、字(あざな)を仲均といった。仙嶺(せんれい)・夏雲などと号したが、1766年(明和3)34歳のとき、諱(いみな)を応挙、字を仲選、号を遷斎と改め、以後一貫して応挙の諱を用いた。幼いころより絵を好み、早くから京都に出て狩野探幽(かのうたんゆう)の流れをくむ鶴沢(つるさわ)派の画家石田幽汀(いしだゆうてい)(1721―86)に入門し、本格的に絵を学んだ。幽汀は狩野派に土佐派を折衷した装飾的な画風をみせ、禁裏絵師となって法眼(ほうげん)に叙せられている。しかし応挙はその保守的な性格に飽き足らず、しだいに写生を基本とした写実的な画風に傾いていった。生活のための「眼鏡絵(めがねえ)」の制作で知った西洋画との出合いが、応挙の転換を促したと考えられる。
 眼鏡絵とは、当時舶載されていた覗機械(のぞきからくり)に使用される絵のことで、反射鏡に凸レンズを組み合わせた装置にセットして覗(のぞ)かれる。その画法は、18世紀オランダ銅版画の画法に基づき、科学的な透視遠近法と写実的な陰影法を用いたものであったため、従来の画法を学んできた応挙には、ひときわ強烈な刺激であった。さらに、中国の宋元(そうげん)院体画の精緻(せいち)な描写や、清(しん)朝画家沈南蘋(しんなんぴん)の最新の写生画法にも多くの影響を受けたが、西洋画の徹底した写実技法や南蘋様式の濃密な彩色法をそのまま日本画の画面に転用せず、それぞれの絵画のもつ現実的な空間表現への関心や、モチーフの細密画法を自らの写生の重要な基本としながらも、より平明で穏やかな感覚の画面を追求した結果、独自の「付立(つけた)て」筆法を完成させた。こうした彼の画風は、大津の円満院(えんまんいん)門主祐常(ゆうじょう)の支持を受けるところとなり、30歳代には多くの作品の注文を受け、その庇護(ひご)のもとに画家として大きな成長を遂げることができた。祐常は1773年(安永2)に没したが、応挙は40歳代に入った安永(あんえい)年間(1772~81)にもっとも充実した時代を迎え、以降独自の様式による作品を数多く制作している。代表作には『雨竹風竹図屏風(うちくふうちくずびょうぶ)』(京都・円光寺・重文)、『藤花図屏風』(東京・根津美術館・重文)、『雪松図』(国宝)、『四季草花図』(袋中庵)などがあり、これらの作品を通しても、個々のモチーフの写生的表現と、それらを包み込む背後の空間との知的な均衡関係を、応挙が長年にわたって研究し、築き上げてきたことが理解される。
 応挙のもとにはすでに息子の応瑞(おうずい)(1766―1829)や長沢蘆雪(ながさわろせつ)、松村月渓(げっけい)(呉春(ごしゅん))、吉村孝敬(こうけい)(1769―1836)、駒井源(こまいげんき)(1747―97)、山口素絢(そけん)(1759―1818)らの弟子が集まり一派を形成していたが、師のこうした緊密な画面はかならずしも十分な形では継承されなかった。だがその画派は円山派として、明治までの長い間、美術史上の重要な存在としてその地位を保ち、近代日本画の展開の基盤となった点で大いに注目評価されている。[玉蟲玲子]
『佐々木丞平著『応挙写生画集』(1981・講談社) ▽佐々木丞平編『花鳥画の世界6 江戸中期の花鳥1(京派の意匠)』(1981・学習研究社) ▽山川武著『日本美術絵画全集22 応挙/呉春』(1977・集英社) ▽河野元昭著『名宝日本の美術24 大雅・応挙』(1981・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の円山応挙の言及

【金刀比羅宮】より

琴平[町]金毘羅信仰【鎌田 純一】
[建造物]
 多くの建築があるが,このうち,表書院,四脚門,奥書院,旭社の4棟が重要文化財に指定されている。現在の表書院は客殿と称され,1654年(承応3)の建立になる入母屋造,檜皮葺き(ひわだぶき),正面に軒唐破風(のきからはふ)を付けた建物で,各室には円山応挙作の障壁画が多数ある。《瀑布及山水図》は1794年(寛政6),《竹林七賢図》《遊虎図》《遊鶴図》は1787年(天明7)の作である。…

【円山四条派】より

…江戸中期に興った絵画の流派。円山応挙が開いた円山派と呉春が興した四条派の総称。18世紀中ごろ狩野派土佐派をはじめとする伝統的画派は形式化に陥り,また琳派は尾形光琳のあと卓越した画家に恵まれず,創造性を枯渇させていた。…

※「円山応挙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

円山応挙の関連情報