コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金砂子 キンスナゴ

デジタル大辞泉の解説

きん‐すなご【金砂子】

金箔(きんぱく)を粉にしたもの。絵画・蒔絵(まきえ)・ふすま地などに用いる。金粉金砂(きんしゃ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんすなご【金砂子】

金箔きんぱくを粉にしたもの。絵画・蒔絵まきえなどに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

金砂子の関連キーワード月岡 勝三郎(2代目)月岡勝三郎(2代)野々村仁清奈良絵本三井文庫浮世絵金箔経師

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金砂子の関連情報