三八日(読み)さんぱちにち

精選版 日本国語大辞典の解説

さんぱち‐にち【三八日】

〘名〙 仏語。昔、禅寺で念誦をする毎月の三と八の数に当たる日。三日・八日・一三日・一八日・二三日・二八日の六日をいう。今は、毎月の八の日を上・中・下に分けて、その上八・中八・下八の三日をいう。さんぱち。〔勅修百丈清規‐一・聖節〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

三八日の関連情報