念誦(読み)ねんじゅ

精選版 日本国語大辞典「念誦」の解説

ねん‐じゅ【念誦】

〘名〙 語。仏の加護を祈り、経文や仏の名号または真言などを口に唱えること。密教では、は心、誦は口のはたらきであるが、広く身・口・意にわたる三密の行と解する。念仏誦経。念珠(ねんじゅ)。ねんず。
※続日本紀‐天平宝字二年(758)八月丁巳「冝天下諸国〈略〉念誦摩訶般若波羅密
※太平記(14C後)二五「本堂の縁に寄居つつ、閑に念誦(ネンジュ)して心を澄したる処に」

ねん‐ず【念誦】

※宇津保(970‐999頃)楼上下「仏の御日、内侍のかみ、御堂に詣でて、念ずし給」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「念誦」の解説

ねん‐じゅ【念×誦】

[名](スル)仏語。心の中で仏に祈り、口に仏の名号みょうごうや経文などを唱えること。念仏誦経ねんぶつじゅきょう。ねんず。

ねん‐ず【念×誦】

[名](スル)ねんじゅ(念誦)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「念誦」の解説

【念誦】ねんじゆ・ねんしよう

読経。〔鶴林玉露、丙四、日本国僧〕(われ)少年の時、鍾陵に於て日本國の一邂逅(かいこう)す。名は安覺。自ら謂ふ、の國を離れてに十年なり。盡(ことごと)く一部の經を記して、乃ち歸らんと欲す。念誦甚だしみ、晝夜を舍(お)かず。

字通「念」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android