念誦(読み)ネンジュ

デジタル大辞泉の解説

ねん‐じゅ【念×誦】

[名](スル)仏語。心の中で仏に祈り、口に仏の名号(みょうごう)や経文などを唱えること。念誦経(ねんぶつじゅきょう)。ねんず。

ねん‐ず【念×誦】

[名](スル)ねんじゅ(念誦)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ねん‐じゅ【念誦】

〘名〙 仏語。仏の加護を祈り、経文や仏の名号または真言などを口に唱えること。密教では、念は心、誦は口のはたらきであるが、広く身・口・意にわたる三密の行と解する。念仏誦経。念珠(ねんじゅ)。ねんず。
※続日本紀‐天平宝字二年(758)八月丁巳「冝天下諸国〈略〉念誦摩訶般若波羅密
※太平記(14C後)二五「本堂の縁に寄居つつ、閑に念誦(ネンジュ)して心を澄したる処に」

ねん‐ず【念誦】

※宇津保(970‐999頃)楼上下「仏の御日、内侍のかみ、御堂に詣で給て、念ずし給」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報