コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六日 むいか

5件 の用語解説(六日の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六日
むいか

新潟県南東部,南魚沼市中部の旧町域。六日町盆地の中央部にある。 1900年町制。 1956年五十沢村,城内村,大巻村の3村と合体。 2004年大和町と合体して南魚沼市となった。中心集落の六日町は魚野川上流沿いに位置し,三国街道と清水街道の分岐点,魚野川水運の終点として,また地名が示すように六斎市の市場町として発展した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

むい‐か【六日】

日の数の六つ。6日間。むゆか。
月の第6の日。むゆか。
正月6日。江戸時代には、朝五つ時より寺僧・社人・山伏などの登城参賀が行われた。 新年》「―はや睦月(むつき)は古りぬ雨と風/鳴雪

むゆ‐か【六日】

むいか」に同じ。
「帝(みかど)かくれさせ給ひて―といふに」〈今鏡・一〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

むいか【六日】

〔「むゆか(六日)」の転〕
日の数六つ。また、連続したその期間。
暦の月の六番目の日。
[句項目]

むゆか【六日】

むいか 」に同じ。
むいか 」に同じ。
ある事があった日から数えて六番目の日。 「帝崩れさせ給ひて-といふに/今鏡 すべらぎ上

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六日の関連キーワード自然淘汰スキー八雲愛人松柏砂山チェリーなんか花菱ぶうぶう

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

六日の関連情報