三刀屋城(読み)みとやじょう

日本の城がわかる事典の解説

みとやじょう【三刀屋城】

島根県飯石郡三刀屋町にあった山城(やまじろ)。戦国時代は尼子(あまご)氏・毛利(もうり)氏の争奪戦が繰り広げられた城。1221年(承久3)に、諏訪部扶長(すわべすけなが)が北条義時(ほうじょうよしとき)から三刀屋の地頭(じとう)職に任じられ、築城したとされる。城主の諏訪部氏は16代為扶(ためすけ)のとき、三刀屋氏に改め、久扶(ひさすけ)まで14代368年にわたりこの地を支配した。斐伊川中流域のこの地は芸備に通じる交通の要衝にあたるため、戦国期は尼子氏・毛利氏の争奪の場となり、最終的に久扶は毛利方についたが、1588年(天正16)に毛利輝元(もうりてるもと)に領地を没収され、廃城となった。堀切や多くの廓(くるわ)が残っており、現在三刀屋城址公園として整備されている。JR木次(きすき)線木次駅からバス15分、松江自動車道三刀屋木次ICから車で15分。

出典 講談社日本の城がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android