争奪(読み)そうだつ

精選版 日本国語大辞典「争奪」の解説

そう‐だつ サウ‥【争奪】

ってい合うこと。
※旱霖集(1422)墳塔之戒「詭計争奪無至」
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉五「夫れ織田長の死せし後、其将士の主家を争奪する彼の如きものは何ぞや」 〔礼記‐礼運〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「争奪」の解説

そう‐だつ〔サウ‐〕【争奪】

[名](スル)自分のものにしようとして、互いに争うこと。争って奪い合うこと。「首班の座を争奪する」「賜杯争奪戦」
[類語]略奪奪略略取奪取強奪

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「争奪」の解説

【争奪】そう(さう)だつ

奪いあらそう。〔礼記、礼運〕信をじ睦を脩む、之れを人のと謂ふ。爭奪相ひす、之れを人の患と謂ふ。故に人の~爭奪を去る以(ゆゑん)は、禮を舍(す)てて何を以てか之れを治めん。

字通「争」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報