コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三垂線の定理 さんすいせんのていりtheorem of three perpendiculars

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三垂線の定理
さんすいせんのていり
theorem of three perpendiculars

3次元ユークリッド幾何学で直交に関する基本定理平面 π に π 外の点Pから垂線 l をおろし,π 上に l の足Qを通る直線 m をとるとき,m とRで直交する π 上の直線 n と PQとは直交する。ほかにも多数の表現がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さんすいせん‐の‐ていり【三垂線の定理】

立体幾何学の定理の一。平面外の点Aからその平面に垂線を下ろし、その垂線の足Bからこの平面上にあってBを通らない直線lに垂線Cを引くと、直線ACは直線l垂直であるということ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんすいせんのていり【三垂線の定理】

立体幾何学の定理の一。平面 α の上にない点 P から、 α に下ろした垂線の足を Q とし、 Q から α の上にあり Q を通らない直線 l に下ろした垂線の足を R とするとき、PR は直線 l に垂直であるという定理。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の三垂線の定理の言及

【垂線】より

…平面αとその上にない点Pがあるとき,Pからα上の任意の直線lに垂線を下ろして,その足をRとし,次にα上でRにおいてlに立てた垂線をmとして,Pからmに下ろした垂線をnとすれば,nはPからαに下ろした垂線となる(図3)。この事実を三垂線の定理と呼んでいる。【中岡 稔】。…

※「三垂線の定理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三垂線の定理の関連キーワード立体幾何学

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android