コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三大栄養素 サンダイエイヨウソ

大辞林 第三版の解説

さんだいえいようそ【三大栄養素】

動物の栄養素のうち、炭水化物・脂肪・タンパク質の三つをいう。生物体の構成物質およびエネルギー源となるもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の三大栄養素の言及

【栄養素】より

…これは基本的には,(1)炭水化物,タンパク質,脂肪などエネルギー源や体構成物の材料となる物質,(2)ビタミン,無機塩類(ミネラル)などで前者にくらべて必要量ははるかに少ないが生命の維持に不可欠な役割をはたす物質に大別される。このうち炭水化物,タンパク質,脂肪はもっとも多量に要求される高分子で,三大栄養素と呼ばれる。これらの物質1gが酸化分解されることによって炭水化物は4.2kcal,タンパク質は4.3kcal,脂質は9.4kcalのエネルギーを生じる。…

※「三大栄養素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三大栄養素の関連キーワードビタミンの関係する代謝異常肝臓のしくみとはたらき赤ちゃんの世話PFCバランス栄養(生物)プロテインタンパク質短腸症候群ブドウ糖ミネラルビタミン炭水化物食用油糖尿病消化薬蛋白質肝臓三つ

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三大栄養素の関連情報