三天(読み)サンテン

大辞林 第三版の解説

さんてん【三天】

〔「さんでん」とも〕
摩利支天まりしてん・大黒天・弁才天の総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さん‐てん【三天】

(「さんでん」とも)
[一] 国を守り、民に福を与える三神摩利支天・大黒天・弁財天の総称。〔文明本節用集(室町中)〕
[二] バラモン教で、梵天・毘瑟怒(毘紐)天(びしぬてん)・自在天の総称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の三天の言及

【摩利支天】より

…日蓮は〈法華経〉の信仰者を守る神として信仰し,室町時代の日親もこれを信仰した。江戸時代には,大黒天弁才天とともに三天と称され,蓄財と福徳の神として,特に商工業者の間に信仰された。江戸では上野徳大寺と雑司ヶ谷玄浄院が摩利支天をまつることで有名になり,町人たちがおおぜい参詣してにぎわった。…

※「三天」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三天の関連情報