コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三好清海入道 みよし せいかいにゅうどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三好清海入道 みよし-せいかいにゅうどう

立川文庫「真田幸村」の登場人物。
真田十勇士のひとりで,大力豪傑。弟の三好伊三(いさ)入道とともに真田幸村につかえ,猿飛佐助,霧隠才蔵らとともに活躍する。「真田三代記」などの実録物にも名はみえる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みよしせいかいにゅうどう【三好清海入道】

真田十勇士の一人。「立川文庫」などに登場する戦国時代の豪傑。モデルは出羽亀田の領主とも、亀田城主三好六郎の嫡子ともいわれ、幸村の部下として活躍したという。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の三好清海入道の言及

【真田十勇士】より

…安土桃山時代の武将真田幸村(1567‐1615)につかえて,武勇をあらわしたという10人の勇士の総称。猿飛佐助,霧隠才蔵,三好清海入道,三好伊三(いさ)入道,穴山小介,海野(うんの)六郎,筧(かけい)十蔵,根津甚八,望月六郎,由利鎌之助の10人だが,三好清海入道と伊三入道は兄弟とされている。このうち,由利鎌之助,三好清海入道,伊三入道,根津甚八などの名は,《真田三代記》や《大坂夏陣図》などにも見うけるが,〈真田十勇士〉としての武勇伝の数々は,すべて〈立川文庫〉による創作である。…

※「三好清海入道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三好清海入道の関連キーワード十勇士(真田十勇士)ニンジャイエロー三好伊三入道真田十勇士兼崎健太郎戦国時代立川文庫嫡子領主

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三好清海入道の関連情報