豪傑(読み)ゴウケツ

  • ごうけつ ガウ‥
  • ごうけつ〔ガウ〕

デジタル大辞泉の解説

才知・武勇に並み外れてすぐれていて、度胸のある人物。「天下の豪傑」「豪傑肌」
ささいなことにこだわらない豪放な人物。また、一風変わった人物。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

武勇にすぐれ、強く勇ましい人。
常識や打算にとらわれず、大胆に行動する人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (形動) 才知または武勇の、ひじょうにすぐれているさま。また、その人。
※本朝麗藻(1010か)下・客有図甞孟君像以詩讚其徳者矣余読史記知四君之為人、同成四韻加篇末〈藤原伊周〉「豪人々雖景慕憐冢上牧羊童」
※国歌八論(1742)準則「当時は豪傑なる歌よみもなければ」 〔孟子‐尽心・上〕
② 俗に、一風変わった人。また、細事にこだわらない人。度胸のすわった人。豪放な人物。
※新西洋事情(1975)〈深田祐介〉東の秘書と西の秘書と「こともあろうに〈略〉この書類を家におき忘れてきた豪傑がいます」
③ (形動) はなはだしいさま。とびぬけているさま。大層。仰山。
※洒落本・南極駅路雀(1789)「それぞれ蹈(ふむ)めへぞ、がうけつに牛がぬいて置(おい)たぜへ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豪傑の関連情報