コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真田十勇士 サナダジュウユウシ

百科事典マイペディアの解説

真田十勇士【さなだじゅうゆうし】

真田幸村に仕えたとされる10人の勇士の総称。猿飛佐助,霧隠(きりがくれ)才蔵,三好清海(せいかい)入道,三好伊三(いさ)入道,穴山小介,海野(うんの)六郎,筧(かけい)十蔵,根津甚八,望月六郎,由利鎌之助をいう。
→関連項目真田氏

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

真田十勇士

柴田錬三郎の伝奇小説。1975-76年刊行。NHK人形劇「真田十勇士」(1975-77)の原作。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さなだじゅうゆうし【真田十勇士】

安土桃山時代の武将真田幸村(1567‐1615)につかえて,武勇をあらわしたという10人の勇士の総称。猿飛佐助,霧隠才蔵,三好清海入道,三好伊三(いさ)入道,穴山小介,海野(うんの)六郎,筧(かけい)十蔵,根津甚八,望月六郎,由利鎌之助の10人だが,三好清海入道と伊三入道は兄弟とされている。このうち,由利鎌之助,三好清海入道,伊三入道,根津甚八などの名は,《真田三代記》や《大坂夏陣図》などにも見うけるが,〈真田十勇士〉としての武勇伝の数々は,すべて〈立川文庫〉による創作である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さなだじゅうゆうし【真田十勇士】

真田幸村に仕えたと伝えられる一〇人の勇士。猿飛佐助・霧隠才蔵・三好清海入道・三好伊三いさ入道・穴山小介・海野六郎・筧かけい十蔵・根津甚八・望月六郎・由利鎌之助の一〇人。明治・大正期にかけて刊行された立川文庫に登場し、人気を博した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真田十勇士
さなだじゅうゆうし

豊臣(とよとみ)方の知将真田幸村(ゆきむら)の家来、猿飛佐助(さるとびさすけ)、霧隠才蔵(きりがくれさいぞう)、三好清海入道(みよしせいかいにゅうどう)、三好伊三入道(いさにゅうどう)、穴山小助(あなやまこすけ)、由利鎌之助(ゆりかまのすけ)、根津甚八(ねづじんぱち)、筧十蔵(かけいじゅうぞう)、海野六郎(うんのろくろう)、望月六郎(もちづきろくろう)の10人をいう。江戸時代中期に書かれた『真田三代記』には穴山、由利、海野ら3人の名は明記されているが、十勇士が成立して人気を得たのは、明治末から大正初期にかけて発行された「立川(たちかわ)文庫」で創作されてからである。同文庫の玉田玉秀斎、山田酔神のコンビがつくった40冊目の『猿飛佐助』(1914)が大当りしたのを皮切りに、55冊目に霧隠、60冊目に三好清海入道、62冊目に由利、以下六勇士がつくられた。佐助と霧隠の忍術、怪力の清海・伊三入道兄弟、鎖鎌(くさりがま)の由利と、それぞれ得意の武芸で徳川勢を相手にした獅子(しし)奮迅の活躍が爆発的な人気を得た。[武蔵野次郎]
『『立川文庫傑作選』(『歴史と旅』臨時増刊・1981.7・秋田書店) ▽桑田忠親著『戦国史談』(潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

真田十勇士の関連キーワード近衛 十四郎田沼ジョージ喜多川 千鶴辻村寿三郎石井凛太朗武蔵野次郎田久保修平田島ゆみか小須田康人柴田錬三郎里見浩太朗渡辺コウジ鈴木信二上田直樹玉置玲央小池亮介風神の門濱田和馬浦川祥哉三津谷亮

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真田十勇士の関連情報