コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実録物 じつろくもの

5件 の用語解説(実録物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

実録物
じつろくもの

江戸幕府は享保7 (1722) 年出版取締令によって,幕府に関することをはじめ,事実や噂に基づく作品の公刊を禁止した。そのためそれらは写本で伝えられるのみとなったが,多くは講釈師の台本の書写であり,貸本屋を通して一般読者に読まれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じつろく‐もの【実録物】

小説・歌舞伎狂言などの一系統で、事実に虚構をまじえて興味本位につくられたもの。
江戸時代、講釈師の口述を書き留めた講談台本などを書写した読み物。お家騒動物・捌(さば)き物・仇討(あだう)ち物・武勇伝などがある。実録本。実録体小説。
1または直接講談をもとに脚色された歌舞伎狂言。明治初期から中期に盛行。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じつろくもの【実録物】

小説,講談,歌舞伎狂言の一系統。実録によった読み物,狂言の意。事実を正確に写すというのではなく,虚構の中に真実を伝えようとするものを意味する。この名称は近代に入ってから近世の一類の読み物に与えられたもの。実録体小説ともいう。古くは〈写本物〉〈軍談の双子〉といわれ,写本で行われ,貸本屋が扱った点が注目される。薄い本で,文字が大きく読みやすいところに特色がある。多くは講談の丸本を整理したもので,原本はおおむね講釈師の手になった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じつろくもの【実録物】

江戸時代の読物の一。多く講談の丸本を整理したもので、事実に空想を交えて実録らしい体裁につくったもの。評定物・仇討ち・裁き物・武勇伝・白浪物・俠客伝などに分けられる。「真書太閤記」「大岡政談」などが代表的。歌舞伎・読本・合巻に多くの素材を提供した。実録体小説。実録本。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

実録物
じつろくもの

江戸時代の読み物の一種。1722年(享保7)幕府の発した出版取締令によって、徳川氏に関係した事柄、世上の噂(うわさ)や実際にあった事件などを素材にした小説類や演劇台本などは、すべて公刊・公演が不可能となった。その結果、そのような内容のものは、すべて作者不明の写本で、貸本屋を通じて読者の手に渡ることになった。その多くは、講釈師の口述を書き留めた講釈台本を書き写したもので、総称して実録物という。実録というが、多く虚構を交えたものである。内容から、中世以来の合戦を記した軍談物、伊達(だて)騒動などの裁判記録の形をとる評定(ひょうじょう)物、京都所司代板倉父子や江戸町奉行(ぶぎょう)大岡越前守(えちぜんのかみ)らの裁判記録を世話読み物化した捌(さば)き物、曽我(そが)兄弟や伊賀(いが)越えの仇討(あだうち)などの仇討物、戦国の英雄の事蹟(じせき)をつづった史伝物などに大別しうる。写本で行われていたために作者や成立時期の考証が困難であり、かつ文芸性に乏しいために研究者も少なく、近世文芸の一ジャンルとして一般には認められていない。しかし、寛政(かんせい)の改革以降、たとえば合巻(ごうかん)の最初とされる式亭三馬(しきていさんば)の『雷太郎強悪物語(いかずちたろうごうあくものがたり)』(1806)が、天明(てんめい)(1781~89)ごろの実録物『天明水滸伝(すいこでん)』に取材していると伝えられ、十返舎一九(じっぺんしゃいっく)編の人情本『清談峯初花(せいだんみねのはつはな)』(1819)が1809年(文化6)ごろ成立の実録小説『江戸紫』を編纂(へんさん)したものであるなど、読本(よみほん)や合巻、初期人情本などの伝奇的小説に多くの素材を提供しているなど注目されるところで、今後の研究が期待されている。[神保五彌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

実録物の関連キーワード仇討物歌舞伎狂言上方狂言慶安太平記実録忠臣蔵島原狂言離れ狂言本行物前狂言鯉掴み

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

実録物の関連情報