コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立川文庫 たちかわぶんこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立川文庫
たちかわぶんこ

1911年から約 10年間,大阪市博労町の立川文明堂から出版された書き講談叢書。初めは旅回り講談玉田玉秀斎口演を速記したものであったが,のちには創作講談を書きおろすようになった。『一休禅師』『猿飛佐助』『霧隠才蔵』など 25年頃までに 240巻ほどを刊行,なかには 1000版を重ねたものもある。四六半截の小型本で定価 25銭だった。特に青少年層に歓迎され,大正期から昭和初期の青少年にとっては現代のマンガと同様大きな影響を与えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たちかわ‐ぶんこ〔たちかは‐〕【立川文庫】

明治末期から大正中期にかけて、大阪の立川文明堂から刊行された少年向けの小型の講談本。講談師玉田玉秀斎や山田阿鉄らが共同執筆。「猿飛佐助」「霧隠才蔵」などの忍術物が人気を博した。たつかわぶんこ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

立川文庫【たちかわぶんこ】

1911年から約10年間大阪の立川文明堂(発行人立川熊次郎)から刊行された講談風の袖珍(しゅうちん)判少年読物。正しくは〈たつかわ文庫〉。講談を種として創作が加えられたもので,第1回の《一休禅師》以降《霧隠才蔵》《猿飛佐助》など200点ほどが刊行され,大正期に多数の読者を獲得した。
→関連項目国枝史郎真田十勇士猿飛佐助

立川文庫【たつかわぶんこ】

立川文庫(たちかわぶんこ)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たちかわぶんこ【立川文庫】

1911年から23年にかけて200点近く出版された小型講談本。〈たつかわ文庫〉ともいう。四六半截判,立川文明堂(大阪)刊,定価25銭。初めは京都出身の講釈師玉田玉秀斎の口演を,後妻の山田敬と連れ子の阿鉄(おてつ)ら創作集団が雪花散人,野花散人などの筆名で採録していたが,やがて口演速記だけでなく新しく書き起こしたものも加え,その第40編において《猿飛佐助》(1914)という新しいヒーローを生み出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たちかわぶんこ【立川文庫】

〔正しくは「たつかわぶんこ」〕
明治末年から大正中期にかけて、大阪の立川文明堂刊行の少年向けの講談文庫本。玉田玉秀斎や山田阿鉄おてつらの集団執筆になり、「猿飛佐助」「霧隠才蔵」などが有名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

立川文庫
たちかわぶんこ

1911年(明治44)から関東大震災(1923)前後まで、立川文明堂(大阪市中央区博労(ばくろう)町)から刊行された小型講談本。約200点を出して、当時の青少年に歓迎され、大衆文学の一源流となった。著者は雪花山人、野花散人などの筆名を用いているが、これは大阪の講釈師玉田玉秀斎(本名・加藤万次郎)とその妻山田敬、長男阿鉄(おてつ)らの共同執筆である。第一編は『一休禅師』で、『水戸黄門』『大久保彦左衛門(ひこざえもん)』というように、歴史上の人気者が並んだが、第40編の『猿飛佐助』はまったくの架空の人物にもかかわらず、愛すべき個性と忍術によって好評を博し、立川文庫の名をあげるとともに、映画などにおける忍術ブームを巻き起こした。これに刺激されて、『袖珍(しゅうちん)大川文庫』『武士道文庫』『忍術文庫』その他多くの小型叢書(そうしょ)が輩出したが、権力者に反抗する痛快味において、元祖には及ばなかった。[紀田順一郎]
『足立巻一著『立川文庫の英雄たち』(1980・文和書房) ▽『立川文庫傑作集』全四巻(1981・ノーベル書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の立川文庫の言及

【真田十勇士】より

猿飛佐助,霧隠才蔵,三好清海入道,三好伊三(いさ)入道,穴山小介,海野(うんの)六郎,筧(かけい)十蔵,根津甚八,望月六郎,由利鎌之助の10人だが,三好清海入道と伊三入道は兄弟とされている。このうち,由利鎌之助,三好清海入道,伊三入道,根津甚八などの名は,《真田三代記》や《大坂夏陣図》などにも見うけるが,〈真田十勇士〉としての武勇伝の数々は,すべて〈立川文庫〉による創作である。〈立川文庫〉は1911年から,25年ころまでに刊行された二百数十巻にのぼる小型の講談本である。…

【文庫本】より

…日本の古典を中心に収録し,12年までに50冊を刊行して文庫本の権威を高めた。文庫の名を大衆的にしたのは,1911年から出版された立川文庫(立川文明堂)である。《猿飛佐助》などの講談ものを収録し,青少年層に圧倒的好評を博した。…

【立川文庫】より

…1911年から23年にかけて200点近く出版された小型講談本。〈たつかわ文庫〉ともいう。四六半截判,立川文明堂(大阪)刊,定価25銭。初めは京都出身の講釈師玉田玉秀斎の口演を,後妻の山田敬と連れ子の阿鉄(おてつ)ら創作集団が雪花散人,野花散人などの筆名で採録していたが,やがて口演速記だけでなく新しく書き起こしたものも加え,その第40編において《猿飛佐助》(1914)という新しいヒーローを生み出した。…

※「立川文庫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

立川文庫の関連キーワード玉田 玉秀斎(2代目)三好清海入道三好伊三入道寛永御前試合戸沢白雲斎由利鎌之助岩見重太郎紀田順一郎足立 巻一百地三太夫篠原 嶺葉池田 蘭子玉田永教根津甚八真田幸村時代小説牧野省三足立巻一池田蘭子望月六郎

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

立川文庫の関連情報