コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宅呉暁 みやけ ごぎょう

2件 の用語解説(三宅呉暁の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

三宅呉暁

日本画家。京都の人。名は清三郎。森川曽門の門に学ぶ。京美工教諭。山水・花鳥を能くする。大正8年(1919)歿、56才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三宅呉暁 みやけ-ごぎょう

1864-1919 明治-大正時代の日本画家。
元治(げんじ)元年3月1日生まれ。四条派の森川曾文(そぶん)にまなぶ。内国勧業博覧会,文展などで受賞。京都市美術工芸学校でおしえた。大正8年8月26日死去。56歳。京都出身。名は守広。通称は清三郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

三宅呉暁の関連キーワード田近竹邨伊津野満仁太歌川広重(4代)緒方正清庄田耕峰仙頭武央堀合卓爾松井源水(16代)松村鬼史吉田修夫

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone