コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内国勧業博覧会 ないこくかんぎょうはくらんかい

3件 の用語解説(内国勧業博覧会の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ないこくかんぎょうはくらんかい【内国勧業博覧会】

明治期、殖産興業政策の一環として開催された博覧会。1877年(明治10)東京上野を皮切りに、1902年までに五回開催された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

内国勧業博覧会【ないこくかんぎょうはくらんかい】

明治政府の殖産興業政策の一つとして開かれた内国物産,美術・工芸品の博覧会。1877年,1881年,1890年東京上野公園,1895年京都,1903年大阪で開催。
→関連項目上村松園勧工場橋本雅邦米原雲海

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ないこくかんぎょうはくらんかい【内国勧業博覧会】

明治政府が殖産興業政策の一環として開催した博覧会。1877年(明治10)に第1回を,次いで81年,90年,95年,1903年と計5回開催した。そのうち第3回までは東京,第4回は京都,第5回は大阪が会場になった。ウィーンフィラデルフィアなど海外の万国博覧会への参加の経験は,政府や識者に産業振興への博覧会の効用を教え,内務卿大久保利通が建議して開催の運びとなった。農商務省が主管し,出品は天産人工の全般にわたったが,これに日本画,洋画,彫刻,工芸も加わり,政府は制作費を補助して出品を勧奨した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の内国勧業博覧会の言及

【勧業博覧会】より

…明治政府が殖産興業の一環として行った官営事業の一つ。1873年の内務省設置以後,政府の工業化政策の重点が官業から民業の育成へ移り,アメリカ,フランス,オーストラリアなど海外の博覧会への参加や,内国勧業博覧会の開催(1877年第1回,81年第2回,90年第3回,いずれも上野公園,95年第4回京都,1903年第5回大阪)が相次いで行われた。そしてこれに刺激されて愛知県博覧会(1878),三重県博覧会(1880),宮城県博覧会(1880),京都府博覧会(1882‐83)などが相次いで開催され,84年には2府5県で13件,85年には2府6県で9件の博覧会が開催された。…

【工芸】より

…その早い例は1870年(明治3)の工部省関係の記録にみられ,その意味は西洋の古い時代と同様,まだ美術や工業と未分化で,人工的工作物すべてのことを意味していた。美術という言葉は新造語で,明治初年より使われていたが,実際にはその概念はあいまいで,たとえば第1回内国勧業博覧会(1877)には,陶磁器や漆器がその製造技術の精粗によって,〈製品〉の区と〈美術〉の区とに分けて出品されていた。これらは西洋の概念を移植したときにみられる初期的混乱であった。…

【博覧会】より


[日本の博覧会]
 日本で開催された博覧会としては1872年(明治5)政府が東京の湯島聖堂大成殿において,文部省博物局に収集してあった各地の物産を一般に公開したのが最初とされる。77年には東京の上野公園で第1回内国勧業博覧会が開かれ,その後,内国勧業博覧会は81年,90年,95年,1903年と開催された。全国博覧会はその後開かれず,地方博覧会が各地で盛んとなった。…

【美術展覧会】より

…日本画では,85年鑑画会第1回大会に新画を展示したのが早い例とされる。さて77年の第1回内国勧業博覧会で菊池容斎,滝和亭,高村光雲,五姓田義松,高橋由一らが受賞し,81年の第2回博覧会にも河鍋暁斎や滝和亭らと並んで洋画の高橋由一が受賞しているが,おりから国粋主義による洋風美術の排斥運動が勢いを強め,82年と84年に農商務省が主催した内国絵画共進会には,洋画の出品は許されなかった。その後,明治美術会や白馬会の展覧会,日本絵画協会の共進会などが定期的に開催されたが,1907年に文部省美術展覧会(文展)が開設されると,これが美術界の一つの大きな中心となり,第2次世界大戦後の日本美術展覧会(日展)までつながることになる。…

※「内国勧業博覧会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

内国勧業博覧会の関連キーワード御雇外国人勧工場殖産興業農商務省勧業博覧会官営模範工場ダブリン会議官業払下げ中島以政農業政策

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内国勧業博覧会の関連情報