三尊像(読み)さんぞんぞう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三尊像
さんぞんぞう

仏教寺院の諸堂宇に安置される一組の尊像の場合、中央の主尊および左右の両侍(りょうじ)を三尊像と総称する。主尊は普通、中尊といい、両侍は脇侍(わきじ)、脇士(わきし)、脇立(わきだち)、一生補処(いっしょうふしょ)の菩薩(ぼさつ)などという。この3体の像を三尊といい、釈迦(しゃか)三尊、薬師(やくし)三尊、阿弥陀(あみだ)三尊というようによぶ。中尊と脇侍の組合せは一般的に一定しており、中尊の尊像名が不詳の場合でも、脇侍像によってそれを推定することができる。[江口正尊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三尊像の言及

【脇侍】より

…脇士,挟侍,夾侍とも書き,脇立(わきたち),〈わきじ〉ともいう。その数は多くは二尊で,中尊と合わせて三尊像というが,四尊,八尊,十二尊,それ以上数十尊に及ぶこともある。この脇侍に対しては仏典でもこれを規定し,阿弥陀如来ではその左辺に観音菩薩,右辺に勢至菩薩を配することを《観無量寿経》で説く。…

※「三尊像」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三尊像の関連情報