一生補処(読み)いっしょうふしょ(英語表記)ekajātipratibaddha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一生補処
いっしょうふしょ
ekajātipratibaddha

仏教用語。元来は一生だけこの迷いの世につながれたものの意。一生所繋 (いっしょうしょけ) ともいう。菩薩の最高の地位で,その一生の間のみこの世につながれ,次の生に仏陀となりうる地位。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いっしょう‐ふしょ〔イツシヤウ‐〕【一生補処】

仏語。一度だけ、生死の迷いの世界につながれてこの世に生を受けるが、次の世は仏になることができる菩薩(ぼさつ)の最高位。特に、弥勒(みろく)菩薩についていう語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっしょうふしょ【一生補処】

〘仏〙
生死の世界につながれるのはこの一生だけで、次の世には仏として生まれることができる地位。菩薩としての最高位の等覚とうがくをいう。
特に、今は兜率天とそつてんにあり、次の生にこの世に出現する弥勒みろく菩薩のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android