コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一生補処 いっしょうふしょekajātipratibaddha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一生補処
いっしょうふしょ
ekajātipratibaddha

仏教用語。元来は一生だけこの迷いの世につながれたものの意。一生所繋 (いっしょうしょけ) ともいう。菩薩の最高の地位で,その一生の間のみこの世につながれ,次の生に仏陀となりうる地位。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いっしょう‐ふしょ〔イツシヤウ‐〕【一生補処】

仏語。一度だけ、生死の迷いの世界につながれてこの世に生を受けるが、次の世は仏になることができる菩薩(ぼさつ)の最高位。特に、弥勒(みろく)菩薩についていう語。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いっしょうふしょ【一生補処】

〘仏〙
生死の世界につながれるのはこの一生だけで、次の世には仏として生まれることができる地位。菩薩としての最高位の等覚とうがくをいう。
特に、今は兜率天とそつてんにあり、次の生にこの世に出現する弥勒みろく菩薩のこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

一生補処の関連キーワード兜率天三尊像仏語補処

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android