脇侍(読み)きょうじ

百科事典マイペディア「脇侍」の解説

脇侍【きょうじ】

〈わきじ〉ともよみ,脇士,挟とも書く。仏像本尊両脇に侍するもの。釈迦・阿弥陀・薬師などの各如来の両脇に侍する文殊普賢観音勢至日光月光(がっこう)の各菩薩,不動明王の両脇に侍する矜羯羅(こんがら)・制【た】迦(せいたか)の2童子など。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「脇侍」の解説

きょうじ【脇侍】

左右,あるいは前後に侍するもの。脇士,挟侍,夾侍とも書き,脇立(わきたち),〈わきじ〉ともいう。その数は多くは二尊で,中尊と合わせて三尊像というが,四尊,八尊,十二尊,それ以上数十尊に及ぶこともある。この脇侍に対しては仏典でもこれを規定し,阿弥陀如来ではその左辺観音菩薩右辺勢至菩薩を配することを《観無量寿経》で説く。釈迦如来では目連は左に侍し,阿難は右に在りと説かれ,釈迦画像ではその下の左辺に文殊騎獅像,右辺に普賢騎象像を画作せよと《陀羅尼集経》で説いている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の脇侍の言及

【脇侍】より

…その数は多くは二尊で,中尊と合わせて三尊像というが,四尊,八尊,十二尊,それ以上数十尊に及ぶこともある。この脇侍に対しては仏典でもこれを規定し,阿弥陀如来ではその左辺に観音菩薩,右辺に勢至菩薩を配することを《観無量寿経》で説く。釈迦如来では目連は左に侍し,阿難は右に在りと説かれ,釈迦画像ではその下の左辺に文殊騎獅像,右辺に普賢騎象像を画作せよと《陀羅尼集経》で説いている。…

【仏像】より

…中部ジャワでは大乗仏教徒であったシャイレンドラ朝の諸王によって8~9世紀に造形活動は頂点に達し,典雅で迫力のある彫刻を生んだ。なかでもチャンディ・ムンドゥットの本尊である高さ約3mの仏倚座(きざ)像とその脇侍(きようじ)菩薩は均整のとれた体軀に力がみなぎり,東南アジアの仏像の最高傑作と称賛され,その外壁の密教系の浮彫菩薩像もすぐれている。またボロブドゥールにはもともと504体もの傑出した等身大の仏座像があり,回廊壁面の長大な浮彫の芸術性の高さも注目される。…

※「脇侍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android