尊像(読み)ソンゾウ

大辞林 第三版の解説

そんぞう【尊像】

神仏や高貴の人の像。また、他人の像を敬っていう語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そん‐ぞう ‥ザウ【尊像】

〘名〙
神仏や高貴の人の姿をうつした像。また、他人の像を敬っていう語。
※家伝(760頃)下「遂使无上尊像永蒙塵埃
※太平記(14C後)二六「尊像(ソンサウ)を錦帳の中に鎖されて」 〔元好問‐二月十五日鶴詩〕
② 姿、形を敬っていう語。
撰集抄(1250頃)七「鹿のすがたを現じて射られ、後にはそんさうをあらはし、罪業のわれらをして、堅固の信心を催さしめ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尊像の関連情報