コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三戸サツヱ みと サツエ

1件 の用語解説(三戸サツヱの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三戸サツヱ みと-サツエ

1914-2012 昭和後期-平成時代の野生ザル研究家。
大正3年4月21日生まれ。小学校教員のかたわら,昭和22年から宮崎県串間市沖の幸島(こうじま)で野生ザルの観察をはじめる。29年日本初の餌付けに成功。京大霊長類研究所の幸島野外観察施設研究員をつとめ,芋洗い行動の発見,群れの系図作成などの業績をあげた。49年吉川英治文化賞。平成24年4月7日死去。97歳。広島県出身。安田学園卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

三戸サツヱの関連キーワード北村治金子みつ河上民雄佐伯義勝辻隆縄田一男林基山下和夫河野道代山田宗徧(3)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone