コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三戸サツヱ みと サツエ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三戸サツヱ みと-サツエ

1914-2012 昭和後期-平成時代の野生ザル研究家。
大正3年4月21日生まれ。小学校教員のかたわら,昭和22年から宮崎県串間市沖の幸島(こうじま)で野生ザルの観察をはじめる。29年日本初の餌付けに成功。京大霊長類研究所の幸島野外観察施設研究員をつとめ,芋洗い行動の発見,群れの系図作成などの業績をあげた。49年吉川英治文化賞。平成24年4月7日死去。97歳。広島県出身。安田学園卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

三戸サツヱの関連キーワード牧野省三第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネットラムサール条約第一次世界大戦グリフィスミゲル カブレラバスター ポージー第1次世界大戦

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android