コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三所攻め みところぜめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三所攻め
みところぜめ

相撲の決まり手の一つ。左 (右) 四つから,左 (右) 足を内掛け外掛けにからみ,同時に,右 (左) 手で相手の左 (右) 足を,大また,あるいは渡し込みで攻め,額で相手の胸を押して倒すか,土俵外へ出す。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みところ‐ぜめ【三所攻め】

相撲のきまり手の一。相手の両足と胸の3か所を同時に攻める技。足を掛け、残る足を取り、胸に頭をつけて浴びせ倒す。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例