三所攻め(読み)みところぜめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「三所攻め」の解説

三所攻め
みところぜめ

相撲の決まり手の一つ。左 (右) 四つから,左 (右) 足を内掛け外掛けにからみ,同時に,右 (左) 手で相手の左 (右) 足を,大また,あるいは渡し込みで攻め,額で相手のを押して倒すか,土俵外へ出す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「三所攻め」の解説

みところ‐ぜめ【三所攻め】

相撲のきまり手の一。相手の両足と胸の3か所を同時に攻める。足を掛け、残る足を取り、胸に頭をつけて浴びせ倒す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android