コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡し込み わたしこみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

渡し込み
わたしこみ

相撲の決まり手の一つ。突き合い押し合い,あるいは左 (右) 四つの場合,右 (左) 腕を伸ばして,相手の左 (右) ももか膝を外後ろから取り,引きつけながら向こう側へ倒す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

わたし‐こみ【渡し込み】

相撲のきまり手の一。相手の太ももの外側を片手で引っ張り込むように抱え、反対側の肩または他の手で相手の上体を押し、もたれかかるようにして倒す技。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

わたしこみ【渡し込み】

相撲の決まり手の一。片手で相手の足を引っ張り込むと同時に、他の手を相手の胸に当ててもたれかかるようにして倒す技。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

渡し込みの関連キーワード小野川喜三郎三所攻め決り手相撲

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

渡し込みの関連情報