コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内掛け うちがけ

1件 の用語解説(内掛けの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内掛け
うちがけ

相撲の決まり手の一つ。四つ身で,相手の右 (左) 足へ,自分の左 (右) 足を内側からかけて,後ろへ倒す。同様の決め手バリエーションに「ちょん掛け」あるいは「二足掛け」などがある。元大関琴ヶ浜が最も得意とし,その切れは天下一品だった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内掛けの関連キーワード大逆手二枚蹴り送り投げ腕回し掛け崩れ小手ひねり伝え反り捕ったり首ひねり割り出し

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内掛けの関連情報