コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三手掛 みてがかり

大辞林 第三版の解説

みてがかり【三手掛】

江戸時代、幕府評定所で行う旗本および御目見おめみえ以上の御家人を当事者とする訴訟の審理。三奉行の合議により審理・判決が行われた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の三手掛の言及

【吟味筋】より

…安政の大獄等政治的大事件について開かれた。(2)三手掛。掛奉行1人,原則として町奉行に大目付,目付各1人が立ち会うもので,これには2種あり,御目見以上の本人,妻,嫡子は評定所,同じく次・三男,厄介人は奉行所で行う。…

※「三手掛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

三手掛の関連キーワード江戸時代当事者御目見御家人吟味筋合議審理旗本

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android