コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目付 めつけ

5件 の用語解説(目付の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

目付
めつけ

室町時代以後の武家の職制。横目ともいう。室町時代初期,幕府侍所の所司代被官としておかれたのに始り,戦国時代には戦陣における監察者をこう呼んだ。江戸幕府では元和3 (1617) 年設置。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

め‐つけ【目付】

室町時代以降の武家の職名。室町初期、侍所(さむらいどころ)所司代の被官として置かれ、戦国期には戦陣の監察や敵の内情を探るのに当たった。江戸時代、幕府では若年寄に属し、旗本御家人の監察などに当たった。また、諸藩にも置かれた。横目。→大目付(おおめつけ)
こっそり監視すること。また、その人。→御(お)目付け
「野にも山にも宿泊まりに―を付けてこれを見す」〈謡・熊坂
目印。目当て。
「屋根の上に鳶(とび)の二つありしを―にしたりしが」〈咄・醒睡笑・一〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

目付【めつけ】

室町幕府以来の武家の職制の一つ。もとは戦時の監察者の意味。江戸幕府では若年寄の支配下で旗本御家人を監察。1617年10名を置いて以来常置。諸藩でも藩内諸士の監督のため設置した。
→関連項目海防掛日光奉行

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

めつけ【目付】

(1)室町時代,侍所所司代の下にあって,京中の盗賊などの動静を探った者を称した。1451年(宝徳3)当時侍所頭人(とうにん)であった京極持清が召し使う目付某を,管領畠山持国の被官が持清に通報せずに誅殺したので,持清が怒って畠山亭に押し寄せようとした事件がある。彼らは小舎人(こどねり),下部(しもべ)などとは別で,侍所頭人あるいはその被官である所司代の私的被官であった。持清の被官多賀高忠が所司代のとき(1466ころか)目付であったという骨皮左衛門道元(道源)なる者は,応仁の乱に際して東軍の細川勝元に金品をもって誘われ,手勢300人で稲荷山に陣取って西軍の糧道を断とうとしたが,西軍の勢に攻められて〈所々ノ悪党・物取(ものとり)共ナリケレバ〉(《応仁別記》)散り散りに逃げ失せ,道元も女装して逃げるところを山名勢の〈河原ノ者〉に討ち取られたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

目付
めつけ

室町時代には侍所(さむらいどころ)所司代の下で盗賊追捕(ついぶ)などに従った者、戦国~織豊(しょくほう)期には敵情偵察や戦功の査察、武将の施政監察などにあたった者をいう。江戸時代には幕府、諸藩の職名。幕府の目付は、慶長(けいちょう)・元和(げんな)期(1596~1624)より置かれ、人数は初め十数人から二十数人に及んだが、1732年(享保17)以降10人に固定し、十人目付と称された。若年寄に属して、江戸城内外の査察、殿中礼法の指揮、評定所(ひょうじょうしょ)立会い、万石以下急養子の判元見届け、御成(おなり)の行列の監督などを勤めた。また常時、本番・加番2人の目付が城内に宿直し、非常に備えた。幕末に増員され、外国掛、海防掛などの職務を分掌した。布衣(ほい)の職で、1665年(寛文5)役料500俵を支給(1682年、家禄(かろく)に加えられる)。1723年(享保8)制定の役高は1000石とされた。西の丸にも置かれ、初めは臨時の職であったが、1724年以降常置となった。同名の職は諸藩にも置かれ、職掌は多岐にわたった。[松尾美恵子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の目付の言及

【使番】より

…若年寄の支配に属し,役高は1000石,格は布衣,詰所は菊之間南御襖際。平時には,将軍の代替りごとに諸国を巡回して大名の治績動静を視察し(諸国巡見使),あるいは幼少の大大名のもとへ多く赴任し,その後見監督に当たり(国目付),あるいは城の受渡しのときにその場に臨んで監督するなど,すべて幕府の上使を務めた。また二条,大坂,駿府,甲府などの要地にも目付として出張し,遠国役人の能否を監察した。…

【評定所】より

…その存在は幕府創設後かなり早くから認められるが,1635年(寛永12)に規則が初めて成文化された。構成員の中心は寺社,町,勘定の三奉行で,これに大目付,目付が審理に加わり,勘定所からの出向者を主とする留役(とめやく)(書記)が実務を担当した。初期には老中も出席したが,1660年代(寛文年間)ごろに寄合(会議)が式日(しきじつ),立合,内寄合(うちよりあい)の3種に分かれて,老中は式日にのみ出座することになり,さらに1720年(享保5)からは月1回出座となった。…

※「目付」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

目付の関連キーワード浦上氏京都所司代所司代小御所二条定番意雲多賀高忠侍所沙汰篇小所司代侍所司

目付の関連情報