コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三方金 サンボウキン

デジタル大辞泉の解説

さんぼう‐きん〔サンバウ‐〕【三方金】

書物の装丁で、天・地・前小口の三方に金箔を貼ったもの。「三方金の豪華本」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんぼうきん【三方金】

書物の装丁で、上部・下部・側面の三方の小口に金箔きんぱくを貼ったもの。小口金。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の三方金の言及

【製本】より

…天金head giltをつける場合は,いちどに三方を切らず,まず天だけ切って金をつけ,それから前小口と罫下を切る。三方金edge giltの場合は,三方とも仕上げ裁ちしてから金をつける。天金などの小口装飾は,もともと小口から本が傷んだりほこりが侵入したりするのを防ぐために施されたものであるが,現在では装飾としての要素が強い。…

※「三方金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三方金の関連キーワード上部製本側面下部書物

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android