コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三木宗策 みき そうさく

1件 の用語解説(三木宗策の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三木宗策 みき-そうさく

1891-1945 大正-昭和時代前期の彫刻家。
明治24年12月22日生まれ。山本瑞雲(ずいうん)に木彫をまなぶ。大正14年「不動」で帝展特選,のち無鑑査,審査員となった。昭和15年正統木彫家協会を結成。作品に広島県生口島の耕三寺七観音など。昭和20年11月28日死去。55歳。福島県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の三木宗策の言及

【明治・大正時代美術】より

…また1919年には二科会が,晩年のロダンの助手をつとめた藤川勇造を迎えて彫刻部を創設し,これに渡辺義知らが加わり,海外からもザツキン,アルキペンコらの出品が見られた。 木彫では,官設展に沢田晴広(政広)(せいこう)(1894‐1988),三木宗策(1891‐1945),長谷川栄策(1890‐1944)らの新人が台頭し,院展では佐藤朝山に師事した橋本平八(1897‐1935)と平櫛田中が傑出している。岡倉天心の伝統的木彫復興の精神をくんだ平櫛田中は,《転生》(1920)のように天平や鎌倉の仏像彫刻を消化した傑作をつくった。…

※「三木宗策」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三木宗策の関連キーワード大久保百合子君塚篁陵黒田孝雄小泉勝爾重見伊三雄鈴木宗作中沢弁次郎三浦耀森下彰子山県正郷

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone