コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三木宗策 みき そうさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三木宗策 みき-そうさく

1891-1945 大正-昭和時代前期の彫刻家。
明治24年12月22日生まれ。山本瑞雲(ずいうん)に木彫をまなぶ。大正14年「不動」で帝展特選,のち無鑑査,審査員となった。昭和15年正統木彫家協会を結成。作品に広島県生口島の耕三寺七観音など。昭和20年11月28日死去。55歳。福島県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三木宗策の言及

【明治・大正時代美術】より

…また1919年には二科会が,晩年のロダンの助手をつとめた藤川勇造を迎えて彫刻部を創設し,これに渡辺義知らが加わり,海外からもザツキン,アルキペンコらの出品が見られた。 木彫では,官設展に沢田晴広(政広)(せいこう)(1894‐1988),三木宗策(1891‐1945),長谷川栄策(1890‐1944)らの新人が台頭し,院展では佐藤朝山に師事した橋本平八(1897‐1935)と平櫛田中が傑出している。岡倉天心の伝統的木彫復興の精神をくんだ平櫛田中は,《転生》(1920)のように天平や鎌倉の仏像彫刻を消化した傑作をつくった。…

※「三木宗策」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

三木宗策の関連キーワード三木多聞彫刻家

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android