コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本瑞雲 やまもと ずいうん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本瑞雲 やまもと-ずいうん

1867-1941 明治-昭和時代前期の彫刻家。
慶応3年9月13日生まれ。高村光雲にまなび,同門の山崎朝雲,米原雲海らと伝統的木彫技法を継承する。内国勧業博,シカゴ万博などで入賞。また仏像の制作,修復にあたった。昭和16年3月13日死去。75歳。伊豆(いず)熱海(静岡県)出身。本名は国吉。作品に「桓野王」「聖観音像」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山本瑞雲の関連キーワード清水宏近衛文麿内閣マキノ雅広スタージェススーパースタジオ第二次世界大戦治安維持法日米交渉レジスタンス文学[各個指定]工芸技術部門

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone