コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三木文蔵 みつぎの ぶんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三木文蔵 みつぎの-ぶんぞう

?-? 江戸時代後期の侠客(きょうかく)。
上野(こうずけ)(群馬県)新田郡三ツ木村生まれの無宿人国定忠治の代貸で,手裏剣にたくみだったという。天保(てんぽう)5年(1834)忠治とともに島村伊三郎を殺し,8年捕らえられた。江戸小塚原で処刑墓碑によれば天保11年(1840)6月29日,32歳で死去したらしい。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

三木文蔵の関連キーワード侠客

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android