コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手裏剣 シュリケン

6件 の用語解説(手裏剣の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅり‐けん【手裏剣】

に取って敵に投げつける武器。主として小刀(こがたな)を用いたが、近世になって釘形・十字形などさまざまな形状のものが使用された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

手裏剣【しゅりけん】

手で敵に投げつける小剣。脇差,小柄(こづか)なども用いるが,18世紀後半に釘(くぎ)形や針形のものが生まれて柳生流,根岸流,白井流などの手裏剣術が流行した。回転させて投げつける十字手裏剣もあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しゅりけん【手裏剣】

小柄(こづか)や小型の刃物を投げて敵を刺撃する武術の一種。後世,投げる武器そのものを手裏剣ともいった。戦技としてみた場合,小型の刃物などを敵に投げつけて,敵を傷つけたり,自分の危難を逃れようとする技法は古くからあった。これは別の技法として打根(うちね)(小さい矢を投げる技法)の発達をみた。手裏剣は文字どおり,手のうちに入るほどの武器として独特の技法のものとなった。したがって古くから行われていた太矢,脇指,小柄,針などを投げて攻撃する技法はすべて手裏剣技法に含まれるが,手裏剣として武器の形がほぼ決まり,〈手裏剣〉という用語が生まれるのは室町時代末期である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しゅりけん【手裏剣】

相手に投げつける鉄製の小武器。一方または両方をとがらせた小棒と、十字形・卍形まんじがたなどの鉄板に刃をつけた車剣くるまけんとがある。

しりけん【手裏剣】

「しゅりけん(手裏剣)」の転。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

手裏剣
しゅりけん

江戸時代の武具で、相手に投げ付けて殺傷する短く細い刀剣。『太平記』にみえる投げ付け用の手突き矢のように、小刀などを投げ付けたのがその祖形であろう。初め、小刀に添えた小柄(こづか)の類を称し、また臨機に小刀を投げて武器とする動作をもさし、『大阪軍記』『常山紀談』にみえる。近世以降、掌中に握って投げやすい小柄状の形が案出され、特殊な、十字形のものまでもつくられ、武芸としての手裏剣術も行われた。[齋藤愼一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手裏剣の関連キーワード小刀小柄こづか小遣い帳小遣い取り小柄櫃筆を投げる身を投げる御小遣横投げ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

手裏剣の関連情報