コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三本杉 さんぼんすぎ

大辞林 第三版の解説

さんぼんすぎ【三本杉】

杉紋の一。並立した三本の杉の木を図案化したもの。
刀の刃紋の一種。山形を三つ連ねた形。関孫六(兼元)系の代表的刃紋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の三本杉の言及

【兼元】より

…しかし孫六兼元には〈濃州赤坂住兼元作〉と刻んだ作が現存し,実際には,不破郡赤坂に住していたことが知られる。作風は三本杉といって,尖った互(ぐ)の目乱が三つずつ連なる刃文に特徴がある。兼元の名がよく知られているのは古来切れ味が特に優れていたからで,江戸時代の刀剣書に大業物(おおわざもの)として掲げられ,また物語にもしばしば用いられている。…

※「三本杉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三本杉の関連キーワード北海道久遠郡せたな町兼元(2代)孫六兼元杉・椙関孫六瀬棚関物三本一種兼元三つ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三本杉の関連情報