遠景(読み)エンケイ

  • えんけい ヱン‥
  • えんけい〔ヱン〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 遠くに見える景色。⇔近景。〔文明本節用集(室町中)〕
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉六「山水遠景を画(え)がくことを学び始めしが」 〔王損之‐曙観秋河賦〕
② 写真、絵画などで、画面などに現われている遠方の部分。バック。⇔近景
※森の絵(1907)〈寺田寅彦〉「遠景の広野の果の丘陵に」
※蔭凉軒日録‐長享二年(1488)一〇月一九日「廷麟持以遠景

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android