遠景(読み)えんけい

精選版 日本国語大辞典「遠景」の解説

えん‐けい ヱン‥【遠景】

〘名〙
① 遠くに見える景色。⇔近景。〔文明本節用集(室町中)〕
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉六「山水遠を画(え)がくことを学び始めしが」 〔王損之‐曙観秋河賦〕
② 写真、絵画などで、画面などに現われている遠方の部分。バック。⇔近景
※森の絵(1907)〈寺田寅彦〉「遠景の広野の果の丘陵に」
蔭凉軒日録‐長享二年(1488)一〇月一九日「廷麟持以遠景

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「遠景」の解説

えん‐けい〔ヱン‐〕【遠景】

遠方の景色。遠くに見える景色。⇔近景
画面の背景で、遠方となる部分。
[類語]景色美景佳景勝景絶景奇観奇勝絶勝形勝景勝山紫水明風物近景白砂青松風光明媚光景情景シーン場景全景パノラマ前景後景背景借景バック眺め風景風光風色ふうしょくけい景観景色けいしょく景趣眺望見晴らし美観壮観大観

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android