三枝蓊(読み)さいぐさ しげる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三枝蓊 さいぐさ-しげる

1835-1868 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)6年生まれ。大和(奈良県)浄蓮(じょうれん)寺の住職。文久3年天誅(てんちゅう)組の変に参加し,敗れて因幡(いなば)(鳥取県)にのがれる。慶応4年イギリス公使パークスを京都で襲撃して失敗。捕らえられ,同年3月22日処刑された。34歳。大和出身。名は真洞。僧名は浄尚。号は骨堂,青荷。変名は青木精一郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android