コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三桓 さんかんSan-huan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三桓
さんかん
San-huan

中国,春秋時代で活躍した三大貴族。春秋初期の斉の桓公 (在位前 711~694) の三公子,すなわち慶父 (けいほ) の子孫の仲孫氏,牙 (が) の子孫の叔孫氏,友 (ゆう) の子孫の季孫氏をいい,桓公を祖とするのでこう呼ぶ。季孫氏の勢力が最も強く,春秋前期以降これら3家で魯の国政を専断し,君主の廃立までも行なった。昭公 (在位前 541~510) のごときはこれを押えようとして失敗し,国外に逃亡したまま,ついに国に帰ることすらできなかった。魯の勢力の衰えとともに三桓の力も衰退した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

三桓の関連キーワード哀公[魯]哀公孔子

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android