コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三民主義青年団 さんみんしゅぎせいねんだんSan-min zhu-yi qing-nian-tuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三民主義青年団
さんみんしゅぎせいねんだん
San-min zhu-yi qing-nian-tuan

抗日戦争時期に中国国民党がつくった青年組織。 1938年3月漢口で開かれた党臨時全国代表大会で,中国青年を訓練してその力を抗日戦に結集するため組織することが決議され,従来の予備党員制は廃止された。7月9日中央団部が武漢につくられ,臨時幹事会と監事会も設けられた。団章は,党総裁が団長を兼任し,「革命青年を団結させ訓練して,三民主義を実現し,国家を保衛し,民族を復興させることを宗旨とする」旨を規定した。 39年9月工作指導方針8ヵ条,40年 11月工作綱領 35ヵ条が公布され,43年3~4月重慶で第1次全国代表大会が開かれた。 46年3月の団員数は 133万 8507人,団組織は全国各省のほか各学校,海外華僑青年に及び,46年6月現在で支団部 14,区団7,分団 197,専科以上の学校分団 84,訓練機構区分団4,中学団隊 250であった。 47年9月国民党組織に編入された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

三民主義青年団の関連キーワード蒋経国藍衣社

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android