コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三洞・四輔 さんどう・しほSan-dong si-fu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三洞・四輔
さんどう・しほ
San-dong si-fu

中国,梁の陶弘景によって完成された道教の経典分類法。三洞とは,経典の格づけで,洞真・洞玄・洞神の三部をいう。洞真部は『上清経』,洞玄部は『霊宝経』,洞神部は『三皇経』をそれぞれの中心とする。三洞説の成立は四輔よりも早く,劉宋の陸修静 (406~477) はこれを用いて,『三洞経書目録』を作成している。四輔とは,三洞の教説を補佐するという意味で,太玄・太平・太清・正一の4部をいう。三洞四輔の分類法は現在でも用いられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

三洞・四輔の関連キーワード道蔵

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android