コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三自愛国運動 さんじあいこくうんどう Sān zì ài guó yùn dòng

1件 の用語解説(三自愛国運動の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さんじあいこくうんどう【三自愛国運動 Sān zì ài guó yùn dòng】

中国のキリスト教の自立化運動。三自運動とも簡称し,解放初期には三自革新運動ともいった。三自とは自治,自養,自伝をさし,外国との関係を絶って自治し,経済的に自養して思想的にも自力伝道する意。中国近代のキリスト教は主として侵略の先兵役を果たしたことで非難されるが,つとに三自方針が唱えられ,1920年代には大衆的反キリスト教運動に対抗するためもあって,その動きはかなり活発化した。解放後の1950年,呉耀宗(ごようそう)らが反帝愛国の中国人自身の教会設立をよびかけ,三自運動は面目を一新した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三自愛国運動の関連キーワード石原謙仇教運動キリスト教綱要中国のキリスト教キリスト教会キリスト者の自由義和団耶蘇MRA運動キリスト教徒

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone