三自愛国運動(読み)さんじあいこくうんどう(英語表記)Sān zì ài guó yùn dòng

世界大百科事典 第2版の解説

さんじあいこくうんどう【三自愛国運動 Sān zì ài guó yùn dòng】

中国のキリスト教立化運動。三自運動とも簡称し,解放初期には三自革新運動ともいった。三自とは自治自養自伝をさし,外国との関係を絶って自治し,経済的に自養して思想的にも自力伝道する。中国近代のキリスト教は主として侵略の先兵役を果たしたことで非難されるが,つとに三自方針が唱えられ,1920年代には大衆的反キリスト教運動に対抗するためもあって,その動きはかなり活発化した。解放後の1950年,呉耀宗(ごようそう)らが反帝愛国の中国人自身の教会設立をよびかけ,三自運動は面目を一新した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android